カビが原因の病気

古くなった食材やお風呂の壁など、日常生活の中でカビを目にする機会はよくありますが、実は人間の体にもカビが原因でおこる病気がいくつかあります。 最も有名なのは水虫でしょう。働き盛りの男性がかかるイメージの強い水虫ですが、実は女性にも患者が多く本人が気づいていなくても症状が進行している場合があります。 水虫の原因は白癬菌と呼ばれるカビの一種が、足の皮膚に繁殖してかゆみやカサカサと皮膚がめくれる症状を引き起こします。 また爪に感染すれば爪白癬と呼ばれる症状を引き起こし、爪の色が変色したり凸凹になったりといった見た目の変化が起こります。 また、同じ白癬菌が原因で起こる病気にインキンやたむし、しらくもなどもあります。どれも白癬菌が患部で繁殖することでかゆみやカサカサ肌といった症状が引き起こされます。 白癬菌が原因でこれらの病気になっているときは、まず感染が拡大しないように患部をむやみに触らないことが大切です。 白癬菌の付いた手で体を触ると菌が付着して感染リスクが高まります。手に付いた白癬菌は石鹸などでキレイに洗えば落ちるため、清潔に保つことが重要です。 カビが原因で何らかの病気にかかっている場合は、まず自然治癒することは望めません。そのためかゆみや見た目の異変などの自覚症状が表れたら、医療機関を受診することが重要です。 この場合は皮膚科を受診するのがおすすめです。塗り薬や紫外線照射などの治療を続けることで完治することが可能です。 しかし生活習慣を改めないと、また同じような病気にかかる場合があるため、体を清潔に保つように日々心がけることが大切です。 特に毎日はいている靴などは、同じ靴を何日も履き続けると白癬菌が繁殖しやすい環境を生み出してしまうため、一日履いた靴はよく乾燥させてから収納し、出来れば翌日は違う靴を履くのがオススメです。 またストッキングやブーツなどは通気性が悪く足が蒸れやすいため、お風呂でよく洗って足を乾かしましょう。